コンテンツへスキップ →

Patent and Press

Patent

      1. 発明の名称 (英):Cell scaffold material using e-cadherin-binding nucleic acid aptamer
        発明の名称 (和):E-カドヘリン結合型核酸アプタマーを用いる細胞足場材料
        発明者:Hitoshi Furusho, Keitaro Yoshimoto, Ryo Maruyama,
        出願日:2016年8月22日 (PCT出願: 2018年3月1日)
        出願番号:JP2016-161807 (PCT/JP2017/029863, WO)
        出願人:東京大学, 日産化学工業株式会社 (現・日産化学株式会社)
      2. 発明の名称 (英):Method for screening nucleic acid aptamer
        発明の名称 (和):核酸アプタマーをスクリーニングするための方法
        発明者:Keitaro Yoshimoto, Koji Wakui, Hitoshi Furusho,
        出願日:2016年1月22日 (PCT出願: 2017年7月27日)
        出願番号:JP2016-010415 (PCT/JP2017/001873, WO)
        出願人:東京大学, 日産化学工業株式会社 (現・日産化学株式会社)
      3. 発明の名称 (英):Nucleic acid aptamer capable of bonding to vascular endothelial growth factor receptor
        発明の名称 (和):血管内皮増殖因子受容体に結合する核酸アプタマー
        発明者:Keitaro Yoshimoto, Keiko Kimura, Hitoshi Furusho,
        出願日:2015年3月30日 (PCT出願: 2016年10月6日)
        出願番号:JP2015-068388 (PCT/JP2016/059892, WO)
        出願人:東京大学, 日産化学工業株式会社 (現・日産化学株式会社)

Press

25 May 2020 @ 前田建設 ICI総合センター note
ICI INNOVATION AWARDS LIVE 最終審査会の開催、受賞者の発表
前田建設主催 第2回 ICI INNOVATION AWARDS 「vs コロナ部門」に、稲見さんがファイナリストプレゼンターとして登壇し、特別賞を受賞。

17 May 2020 @ AMED HP
令和2年度 「創薬基盤推進研究事業」(1次公募)の採択課題について
2.中分子医薬品等に関する創薬基盤技術の開発/【2-1】中分子化合物を活用した創薬研究、にて”血液凝固因子を標的とする中和可能な核酸アプタマー創薬基盤技術の開発(代表:吉本)”が採択されました。

15 May 2020 @ 前田建設HP
ICI INNOVATION AWARDS ファイナリスト決定のお知らせ

18 Oct. 2018 @ 日本経済新聞
合成DNA薬、治療効果20倍 – 埼玉大・東大、最適な形に設計

28th Jan., 2018 @ JST
研究成果展開事業 大学発新産業創出プログラム (START) / 社会還元加速プログラム SCORE
“Smart Selection and design of multivalent aptamer as new medium molecule drug (中和可能な新しい中分子薬剤“多点結合型DNAアプタマー ”の合理的設計法)”