コンテンツへスキップ →

吉本 敬太郎
Keitaro Yoshimoto, Dr. Sci.

English page

学歴
1998.03
東北大学 工学部 分子化学工学科 卒業
2001.03
東北大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 修了
2004.03
東北大学 大学院理学研究科 化学専攻 修了
2004.03
博士(理学)取得

職歴
2004.04-2006.03
理化学研究所・基礎科学特別研究員
2006.04-2010.03
筑波大学 先端領域研究センター・講師
2010.04-present
東京大学 大学院総合文化研究科 広域科学専攻 生命環境科学系・准教授
2015.04-present
東京理科大学 理学部・非常勤講師
2016.10-2020.03
科学技術振興機構 さきがけ・研究員(兼担)
Link to さきがけ・統合1細胞解析のための革新的技術基盤
2020.04-present
東洋大学 理学部・非常勤講師

受賞
2004.03
日本分析化学会東北支部奨励賞
(日本分析化学会東北支部)
2004.03
青葉理学振興会賞
(東北大学青葉理学振興会)
2010.05
高分子学会研究奨励賞
(高分子学会)
2010.10
日本分析化学会奨励賞
(日本分析化学会)
2012.04
長瀬振興会賞
(長瀬財団)

研究・専門分野
高分子化学、分析化学、分子認識化学、生体高分子化学、核酸化学、細胞工学

代表論文 (Selected papers)

    1. “Use of abasic site-containing DNA strands for nucleobase recognition in water”, K Yoshimoto, S Nishizawa, M Minagawa, N Teramae,
      JACS, 125 (30), 8982-8983 (2003).
    2. “Abasic‐Site‐Containing Oligodeoxynucleotides as Aptamers for Riboflavin”, NB Sankaran, S Nishizawa, T Seino, K Yoshimoto, N Teramae,
      Angew. Chem. Int. Ed., 118 (10), 1593-1598 (2006).
    3. “Direct observation of adsorption-induced inactivation of antibody fragments surrounded by mixed-PEG layer on a gold surface”, K Yoshimoto, M Nishio, H Sugasawa, Y Nagasaki,
      JACS, 132 (23), 7982-7989 (2010).
    4. “Influence of substituent modifications on the binding of 2-amino-1, 8-naphthyridines to cytosine opposite an AP site in DNA duplexes: thermodynamic characterization”, Y Sato, S Nishizawa, K Yoshimoto, T Seino, T Ichihashi, K Morita,
      NAR, 37 (5), 1411-1422 (2009).
    5. “CRISPR–Cas9-based photoactivatable transcription systems to induce neuronal differentiation”, Y Nihongaki, Y Furuhata, T Otabe, S Hasegawa, K Yoshimoto, M Sato
      Nat. Methods, 14 (10), 963 (2017).
    6. “Regulation of lysozyme activity based on thermotolerant protein/smart polymer complex formation”, S Ganguli, K Yoshimoto, S Tomita, H Sakuma, T Matsuoka, K Shiraki,
      JACS, 131 (18), 6549-6553 (2009).
    7. “A polyion complex sensor array for markerless and noninvasive identification of differentiated mesenchymal stem cells from human adipose tissue”, S Tomita, M Sakao, R Kurita, O Niwa, K Yoshimoto,
      Chem. Sci., 6 (10), 5831-5836 (2015).
    8. “Osteogenic lineage commitment of adipose-derived stem cells is predetermined by three-dimensional cell accumulation on micropatterned surface”, Y Furuhata, T Yoshitomi, Y Kikuchi, M Sakao, K Yoshimoto,
      ACS Appl. Mater. Inter., 9 (11), 9339-9347 (2017).
    9. “Rapidly Neutralizable and Highly Anticoagulant Thrombin-Binding DNA Aptamer Discovered by MACE SELEX”, K Wakui, T Yoshitomi, A Yamaguchi, M Tsuchida, S Saito, M Shibukawa, H Furusho, K Yoshimoto,
      Mol. Ther.-Nucl. Acids, 16, 348-359 (2019).
    10. “Binding and structural properties of DNA aptamers with VEGF-A-mimic activity”, T Yoshitomi, M Hayashi, T Oguro, K Kimura, F Wayama, H Furusho, K Yoshimoto,
      Mol. Ther.-Nucl. Acids, 19, 1145-1152 (2020).

所属学会
高分子学会、日本分析化学会、日本化学会(生体機能関連部会・バイオテクノロジー部会)、バイオマテリアル学会、日本分子生物学会 、MRS-J

学外委員等
2007.04-2010.03
高分子学会関東支部 茨木地区若手の会 幹事
2010.03-2012.02
日本分析化学会誌「ぶんせき」編集委員
2011.03-2012.02
日本分析化学会 関東支部 幹事
2013.01-2013.11
第35回バイオマテリアル学会大会・実行委員
2013.03-2015.02
日本分析化学会 関東支部 常任幹事
2013.03-2016.02
日本化学会誌「化学と教育」編集委員
2013.03-2016.02
日本分析化学会誌「分析化学」編集委員
2014.07-2015.06
第75回日本分析化学討論会・実行委員
2015.05-present
日本分析化学会 関東支部 若手の会・幹事
2016.04-2016.12
日本MRS第26回年次大会シンポジウム・D-5 先導的スマートインターフェースの確立・運営委員
2016.07-2016.12
IPC2016 (The 11th International Polymer Conference) プログラム委員会委員
2016.04-present
ナノ・バイオメディカル学会・常任理事
2017.01-present
化学グランプリ・オリンピック委員会・グランプリ小委員会委員
2017.03-present
Analytical Science 誌・Associate Editor

担当講義等
初年次ゼミ(学部1年生)、物性化学(学部2年生)、生体高分子科学(学部3年生)、生命科学概論(大学院)、応用高分子化学(東京理科大学)、天然分子/生体高分子化学(東洋大学)

Publons